カテゴリー別アーカイブ: 音楽・映画

sid and nancy

寒くなると、夜な夜なDVDを見あさる

今日は「sid and nancy

セックスピストルズのシドビシャスと、恋人ナンシーの破滅的でキチガイじみていて、熱い愛の話
狂っているけど、ストレートな人間達の話

いつ見ても、コアの部分で共感してしまうのだ
僕が2才だった1977年に21才で死んだシド
なんて濃厚で切ない人生なんだろう

見終わったとき、いつも凝縮した静けさとエネルギーをもらった気持ちになれます

皆様も、機会があったら観てみてください

Love & punk & Rock 'n' Roll !!

180°SOUTH

心がザワザワするほど興奮する映画に出会いました
180°SOUTH ワンエイティ・サウス

パタゴニアの創業者イヴォンシュイナード
ザ・ノースフェイスの創業者ダグトンプキンス

1960年代の終わりに南線180°パタゴニアを目指した旅の話からはじまるストーリー

ああ
また旅路に戻りたい

まずはどうにか時間を作って見に行くことにしよう

ロードショーは2011年1月22日からだそうです
みなさんもタイミングがあれば是非見に行ってみてください

Love & ROAD & Rock 'n' Roll !!

FRINGE

はまってしまいました
アメリカドラマ「FRINGE(フリンジ)

「LOST」も制作したJ.J.Abramsがプロデューサーの作品

アメリカは、ドラマなのにどうしてこんなに予算もイメージも自由に作れるのだろう?
FRINGEはパイロット版制作に10億円を費やしている

顧客満足度と制作側の自己満足度を底なしに追求している
よく考えてみたら、そもそもの仕組みが違うのだ

日本は、テレビ局がドラマを作り、放送する
また、民放と地方局との古き関係性がある

アメリカは、制作会社がドラマを作り、テレビ局等に売る
アメリカはテレビ局が作るわけではないので
売り先ははじめの段階で無限にある

制作会社は、視聴率ではなく、「売れる」ものを必死に作るのだ
そこにエンターテイメントが誕生する

携帯電話もそうだ
日本は、携帯のキャリア発信で様々な電話機種がある
アメリカは、メーカーが携帯電話を作り、機会はどのキャリアでも使える

きっとここに大きな違いがある
日本の未来は明るいか?
日本のもの作りは明るいか?

システムは、世界を変えることがある
・・・と思いました

Love & system & Rock 'n' Roll !!

ミステリー・トレイン

久しぶりに見てしまいました
ミステリー・トレイン

1989年制作のアメリカ映画で
敬愛するジム・ジャームッシュの作品

この映画は、読んでいて気持ちが良い短編小説のよう

「ファー・フロム・ヨコハマ」「ア・ゴースト」「ロスト・イン・スペース」というタイトルで進む3つの短編ストーリーは
それぞれ同じ場所、時間でシンクロしていて
お互いのストーリーがなかったら、それぞれのストーリーは面白くないという作り

僕が好きなのは「ファー・フロム・ヨコハマ」
出演している永瀬正敏がジッポライターに火をつける瞬間がたまらなくセクシー
そして
工藤夕貴が足でジッポライターに火をつけるのは、たまらなくエロい

みなさま
是非見てください

サイレントで古くさい映画です

Love & Train & Rock 'n' Roll !!

Paris,Texas

たまった仕事を片付けると深夜を大きく過ぎる・・・
そんな日々が続いていたので

発作的に見たくなって借りたロードムービー
朝にかけて見ると心が穏やかになる作品です

タイトル:Paris,Texas

作年:1984年
監督:ヴィム・ヴェンダース

僕はロードムービーが好き
特にヴィム・ヴェンダースのはしびれる

音楽、台詞、風景が穏やかなのにパワーがある
心の葛藤が静かに描かれている

静かな気持ちになれてしまうのです
そして難解見てもなにかが心の隅っこの方にに残る

そして異国を車で旅したくなる・・・

僕の愛するロードムービーのひとつ
おすすめです

お時間があれば是非見てみてくださいね

Love & Road Trip & Rock 'n' Roll !!