カテゴリー別アーカイブ: 道具・モノ

僕のビジネスバッグ

かれこれ10年近くのつきあいになる、グレゴリーのトラベルミッションパック

駆け出しで自分もカバンも空っぽの状態から始まり
今となってはとにかくいろいろな物事を詰め込んで街を歩く
僕のビジネスの相棒です
写真 1-1
ここ数年は、木の枝も拾って鞄の中に詰め込む
街で上等な木の枝と出会ってしまうと、拾って鞄に詰めずにはいられないのだ

だいぶ内側のコーティングが大変なことになってきた
ショルダーハーネスのテープは色あせてきた
時々小さな虫が出てくる僕のビジネスバッグ

あと何年おつきあいいただけるだろうか?

Love & bag & Rock ‘n’ Roll !!

お山の実験

トレッキングとシューズを学ぶ研修の講師をさせていただきました
様々な地形を、重さの違うザックやスペックが違うシューズを履き分けながらじっくりと体感します
最後は室内ワークを行い、ギアとトレイル、そして身体の関係性を深く考察しました
なかなかできない現場実験は、僕にとっても大切な経験になりました

フィールド実験もさることながら、オフタイムに行ったフード実験が実に面白かったです
写真 3
どのフードを、どのように調理すると時間やガスの節約になるのか?
時間を計りながらいろいろ試しました
即席実験室での実験ですが、ひとつひとつ結果を出していくと
「たぶんこうなるだろうな〜」が、「こうなりました」に変わるワクワクする時間でした

自然にまつわること、ギアにまつわることを聞かれる機会が多い我々のお仕事は
こうやって日々いろいろ検証していかなくてはいけないよな
と、強く感じることができた3日間となりました

お世話になったチームの皆さん、参加してくださったみなさん
ありがとうございました

Love & Labo & Rock ‘n’ Roll !!

Re Born

愛用していた仕事用の鞄がとうとう壊れました
ショルダーハーネス下部の部分がちぎれてしまった・・・

補修の師匠曰く、荷物の入れすぎ、重すぎのため時間の問題と言われておりました
写真 2
これを機に、僕も補修の練習をすることに決定
補修の練習は、やりたくてもそんなにたくさんの機会が無い
ここはがっつり、分解作業に構造チェック
そして丁寧に補修

細部までしっかりと構造を見ながらミシンでじっくりと縫い進めていく
そうすると、この鞄の構造が浮き彫りになってきます

なかなか時間がかかったものの、実に収穫が多い時間となりました
これでまたザック制作の知恵が手に入ったのだ

そしてこの鞄とも、もう少し一緒に仕事が出来そうです

Love & repair & Rock ‘n’ Roll !!

ZIPPO

遅ればせながら自分への誕生日プレゼント
DSC_2502
クラシカルなZIPPOです
ヒンジ部分に紐がつけられるようになっているのがどうしても欲しかったので、しばらく探しました
年代は1960年代、スポーツシリーズのハンターモデルです

程度はまあまあ
なかなか味わいがある子
お店の人に「飾りますか?」「使いますか?」と聞かれたので
「もちろん使います」と答えました
「珍しいですね〜でもその方が嬉しいです」と、店主は中の綿を新品に交換してくれました

最近のライターは、安全第一バージョンや電子ライターばっかりになってきている
僕にとってライターに求めるのは、火をつけることはもちろん「明かり」になること

ZIPPOは、カキン!と蓋を開けてフリントの火花を散らしたら火がつく
火がついたら、どこかを押したままにしなくて燃料がもつかぎりずっと火がついていてくれる
当たり前のようで、実はなかなか無いのだ

これから毎日、中でも、外でも使おうと思います
新しい相棒、よろしく

Love & ZIPPO & Rock ‘n’ Roll !!

美しすぎるステッチャー

文字通り、美しすぎるステッチャーと出会いました
写真 2
遊牧舎工房 イージーステッチャー NEW

革細工なんかにつかうステッチャーです
展示会の時に作者とお話しする機会があって気になっていたので
買い換え時期に合わせて購入しました

実際に使ってみたところ
今までのステッチャーと比べて圧倒的に革新的で完成度が高い道具でした
たまたまらしいですが、まずは重さと中心位置のバランスが良いです
そして糸の通し方がシンプルだし、買った糸をすぐに使えるのも感動的
コンパクトなので、長旅の時のザックやテントなどの補修にも躊躇せずにザックに詰め込めます

何よりも、プロダクトとして美しいフォルムが何ともいえません

僕は革細工の他に、チェアーの補修などに使ってみました
メイド イン ジャパン のこの道具
勝手ながらオススメです

Love & tool & Rock ‘n’ Roll !!