カテゴリー別アーカイブ: お仕事

small party on the Trail

THE NORTH FACE KIDS NATURE SCHOOLの信越トレイルプログラムへ行ってきました
親子でトレイルを歩くこの旅は、今年で3年目

シリーズ中もっとも深く、ドラマにあふれるプログラムです
子供達は、挫けそうなときもたくさんありました
不思議な自然に出会って、新しい発見もありました
親も、子供も、双方の素顔に触れながら歩く1泊2日

夜は、小さなテント村の中心に親が集まって、小さなパーティーが自然発生的に始まります
子供も負けじと小さなテントに10名以上がギュウギュウパンパンに入って小さなパーティーが始まります
wp-1471791586593.jpg
誰かが真ん中に置いた酒とつまみに手を伸ばし
音楽は自然の音
明かりは持ち寄ったライト
勝手気ままに時が流れます

世界中のトレイルで出会ってきたこの小さくて平和な時間が流れる空間が
信越の夜にもありました

ゴールにたどり着く直前の親子には、何にも代えがたい素敵で幸せな空気感がありました
wp-1471791543029.jpg
このチームで、またこの土地を歩きたいな
強く思った2日間でした

Love & Trail & Rock ‘n’ Roll !!

Fine 9月号

Fine9月号が発売中です
wp-1470988096357.jpg
もっとアクティブでナチュラルな毎日を!
ということで、僕はたき火の紹介をさせていただきました

幼児から大人まで
どの年代がやっても楽しいのがたき火
その年代ごとの楽しみ方があるのがたき火
たき火の魅力は永遠です

お時間がある方は是非読んでみてくださいませ

Love & bonfire & Rock ‘n’ Roll !!

お仕事。時々飲み。 ~京町温泉~

BE-PALさんと宮崎県えびの市さんとのイベントに行ってきました
「アバンダント白鳥郷土の森」にてガイドウォークと川遊び
DSC_1422
ここの森は、数百年前から時間が止まったような命あふれる森です
もう5回ほど歩かせて頂いていますが
毎回違う顔と違う時代にタイムスリップをさせてくれます

力強い森に必ずあるのが美しい沢
今回は、透明度が高い天然プールを見つけてみんなで飽きるまで飛び込みました
飛び込んだときに水の中から見る空と森は
違う惑星の自然をのぞいているようでわくわく感が高まりました

夜は京町温泉周辺を関係者の皆さんとぶらり歩き
飲み屋でしこたま飲み、そしてシメにラーメン&瓶ビールというゴールデンタイム
DSC_0698
この町の素敵なところは、宿も、スナックも、飲み屋も、飯屋も
人手が足りない時は、お隣ご近所みんなでヘルプに入りあっていること
なので
卵焼きがおいしいお店のおばちゃんが違うお店にヘルプに来ると
その日はそのお店の卵焼きも旨くなるのだとか

相互助け合いでみんなで幸せを分け合う場所
「昨日はありがとうね」
「いいのよ~困ったらお互い様でしょ!」
そんな会話が日々飛び交っているんだろうなあ
”まだまだ日本は捨てたもんじゃない!” そう思わせてくれる夜でした

僕はこのエリアが好き
9月もまた行くので今から旅の病がうずき始めてしまうのだ

Love & miyazaki & Rock ‘n’ Roll !!

未来の子供のために

町田市市立幼稚園協会さんにお呼びいただき
「ネイチャーエデュケーション」の講演とワークショップをさせていただきました
DSC_0687
会場は玉川学園の幼稚舎
170名以上の方にお越し頂き、一緒に良い場をつくらせて頂きました

これからの未来
わかっていることは、今の幼児が大人になること
そして、その大人になった幼児達がまた子供を育む
それが繰り返されて、地球は続く

未来の職業や争いごとはどうなっているかはわからない
でも、彼らが自由に対応し、創造できる力が育まれていれば
きっと大丈夫なはずだ

自然の中で、色々な力が育まれていけばきっと大丈夫
そう信じて精一杯お話しをさせて頂きました
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました

Love & Nature & Rock ’n’ Roll !!

お仕事。時々旅。~夢千代日記~

BE-PALさんのイベントで、アウトドア料理ワークショップをさせていただきました
場所は兵庫県の但馬
DSC_0641
使ったお肉はもちろん「但馬牛」
但馬牛は通常の牛よりも馬力重視で小型なのに
宮崎牛・前沢牛・佐賀牛・飛騨牛・鹿児島牛など
有名な牛肉はすべてこの但馬牛が起源だといわれているそうです

日本人の食肉文化のルーツである但馬牛を贅沢に使わせて頂いた料理ワークショップは
参加者の方だけではなく、僕たち運営チームのハートも高ぶらせてくれました

この日の宿は、夢千代日記の舞台になったともいわれている「湯村温泉」
DSC_0650
仕事終わりは旨い飯を食い、そして夜の街をさまよい、迷い、帰って風呂に浸かる・・・
公衆浴場では券売終了10分前に入ったのに掃除を早めにはじめたいと拒否され
公衆足湯では、地元のおじいちゃんの生い立ちを聞かされた
夕食では、旨いものを食べすぎて動けなくなった

この日の仕事の疲れどころか、しばらく分の疲れがあっという間に溶けていきました

僕はまだまだ日本の土地や食べ物を知らなすぎる
もっと色々なところへ行きたいと思った3日間でした

Love & meat & Rock ‘n’ Roll !!